警備員、たまにはまったり行きましょう


by vgo1bz8uty

寸借詐欺480回?兵庫県臨時職員を逮捕(読売新聞)

 資産家の高齢女性から借金名目で10万円を詐取したとして、兵庫県警明石署などは11日、同県明石市大蔵天神町、県アルバイト職員、小倉裕子容疑者(47)を詐欺容疑で逮捕した。

 調べに対し、「(金を借りたことは)よく覚えていない」と容疑を否認しているという。小倉容疑者は、この女性から2000年5月以降に約480回、計約7900万円を受け取ったとみられ、同署などは余罪を追及する。

 発表によると、小倉容疑者は、滋賀県内に住む知人の無職女性(84)に「これまでに借りた全額を返済するのに手続きが必要で、弁護士に頼んだ。費用がいるからお金を貸してほしい」と持ちかけ、09年1月25日、明石市内の路上で10万円をだまし取った疑い。

 小倉容疑者は、女性が同市内に住み、親しく近所付き合いしていた当時から借金を繰り返していたといい、同署などは使途を調べる。

 小倉容疑者は03年4月から、県職員の事務を補助する「日々雇用職員」として働いており、昨年4月から障害者支援課に勤めている。

<シャトル>山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」(毎日新聞)
介護福祉士に医療の専門知識を―日慢協が新規講座(医療介護CBニュース)
厚労政務官の実績、7割「分からず」=仕事ぶり伝わらず? −NPO調査(時事通信)
<掘り出しニュース>小林一茶の俳句、新たに見つかる(毎日新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(上)】被告は心神喪失か耗弱 弁護人、検察側鑑定を厳しく批判(産経新聞)
[PR]
by vgo1bz8uty | 2010-02-15 10:25