警備員、たまにはまったり行きましょう


by vgo1bz8uty

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 「どうして覚醒(かくせい)剤のことを“シャブ”と言うか分かりますか」

 東京地裁で26日に開かれた公判。覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた男性被告(45)と女性被告(43)にそれぞれ懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した後、男性裁判官が証言台の前に立つ2人に問いかけた。

 2人が黙ったままでいると、裁判官は穏やかながらもきっぱりとした口調で続けた。

 「人生をしゃぶられてしまうからです。覚醒剤に人生を支配されてしまうんです。そういう人をいっぱい見てきました。(覚醒剤を)やめるには、よっぽど固い決意が必要なんですよ」

 男性被告は今年3月31日、都内の路上に停車中の乗用車内にいるところを警察官から職務質問を受け、車内から微量の覚醒剤が見つかったため、同法違反の現行犯で逮捕された。その後の家宅捜索では自宅にあったポーチの中からも覚醒剤が見つかったほか、尿から陽性反応が出た同居人の女性被告も同法違反容疑で逮捕された。

 公判の冒頭で、2人はそれぞれの起訴内容を認めた。

 検察側の冒頭陳述などによると、2人が同居を始めたのは平成17年ごろから。ほぼ時を同じくして、「覚醒剤を使ってセックスをすると気持ちよくなるらしい」ということから、ともに覚醒剤を使用するようになったという。

 月々の生活費約30万円のうち約10万円をあらかじめ「覚醒剤代」として決め、男性被告が密売人と連絡を取って購入。この方法で月に5回程度購入し、持ち帰った覚醒剤は2人分に分けて保管していたという。逮捕によって解雇されるまで、2人はそれぞれ首都圏の会社に勤務しており、表向きは通常の会社員と変わらない生活を送っていた。が、実際には頻繁に覚醒剤を使用していたようだ。

 検察官「購入した薬物は何回に分けて使用していたのですか」

 男性被告「1回買った分は1週間…。5回とか6回です」

 検察官「ほぼ毎日使用しているということですか」

 男性被告「はい」

 検察官「(逮捕された)31日も出勤前に軽い気持ちで使っているようだが…」

 男性被告「毎日といっても、毎月必ず5回(密売人から)購入するわけではないので、毎日というわけではありません」

 検察官「違法薬物への感覚がまひしているのではないですか」

 男性被告「そう言われればそうかもしれませんが…。でも、(覚醒剤を)やらない時期は3カ月とか半年とかやっていません」

 「ほぼ毎日使用していた」という検察官の指摘に、男性被告は不満げに反論した。さらに、裁判官とのやりとりでも微妙なニュアンスの違いを強調した。

 裁判官「昨年には芸能人も(薬物事件で)捕まっていましたが、(覚醒剤を)やめようとは思いませんでしたか」

 男性被告「まさか捕まるとは思わなかったので…」

 裁判官「捕まるから、やめるということなんですか」

 男性被告「法的にも、生活の中にそういうものがあること自体良いことではないので、もうやめます」

 裁判官「でもやめられなかったんですよね」

 男性被告「やめられなかったというわけでは…。ちょっと感じが違う。やめなかったというのか…」

 裁判官「覚醒剤をやめるために、これからどうするんですか」

 男性被告「やめます」

 裁判官「あなたはやめようと思ったらやめられるという認識みたいですが、そうじゃないんじゃないの?」

 男性被告「やめます。大丈夫です」

 この後、証言台に立った女性被告も「(逮捕時の)自分の写真を見たら病的で…もう手は出しません」と、男性被告とともに社会復帰を目指すことを誓った。

 判決は執行猶予付きとなったが、言い渡し後に裁判官は「覚醒剤はあなた方が思っているほど甘いものではありません」と切り出し、冒頭の問いに続けた。最後は「もう二度と(裁判所に)来ないように」とクギを刺した裁判官。2人の心にこの言葉が届いていると願いたい。(滝口亜希)

【関連記事 法廷から】
スカウト詐欺繰り返した目的は… 見栄っ張り男の涙
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
カツ丼食い逃げ…ナイフ使い脅した意外な理由
路上で子供を産み捨てた女性被告 無力感漂う法廷
自分だけ成長ない…“焦り”から強盗した元スポーツマン

皇太子さま 淡路花博を視察 人形浄瑠璃も鑑賞(毎日新聞)
サッカー日本代表、活躍を期待する選手は誰?(Business Media 誠)
メンバー・日程、非公表 朝鮮学校無償化検討会議、異例の対応に(産経新聞)
「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)
首相、財務相と午後に会談(時事通信)
[PR]
by vgo1bz8uty | 2010-05-27 17:45
 生命保険に損害保険…種類が多すぎてどの契約をしたらいいのかよく分からない、見直しをしたい、という話をよく聞く。そんな時に頼られているのが、「乗合来店型」と言われる保険代理店。一社だけではなく、数社の保険会社から、その人に適した“商品”を紹介してくれる。この時期、どうしようかと考えている新社会人もどうぞご参考に。(小林忍)

 ファイナンシャル・プランナーで、乗合来店型保険代理店『保険クリニック』新宿店(東京・新宿)、神林静江マネジャーに、その利点を説明してもらおう。

 「まず、どこの保険会社にも偏らない中立的なアドバイスが受けられる。各保険会社の商品比較が簡単にできるので、自分の希望に合ったオーダーメイドな保険加入が可能。だから、一度に数社の加入手続きができる。言ってみればいいとこ取りです」

 この『保険クリニック』では、同社が独自に開発した『保険IQシステム』という分析・検索システムを使って、たちどころに各保険会社の商品、種類、名称、保険料、期間などの比較を行い、相談に対応している。

 ただ一つ、ファイナンシャル・プランナーとして神林さんは、「この新宿店も毎日、6組ほどお客さまが見えますが、来店型なので、実際に店舗に足を運んでもらわないといけないのが負担といえば負担ですかね」と恐縮する。

 確かに保険の加入といえば、各保険会社の営業職員が会社、もしくは各家庭まで出向き、説明をして勧誘するというのが一般的だ。財団法人生命保険文化センター(村井博美理事長)の実態調査でも、民間保険契約では生保の営業職員から勧誘を受けて加入した人が68・1%と、乗合来店型を含む代理店の6・4%、新聞やネットなどの8・7%を大きく引き離している。

 こういった乗合来店型保険代理店が登場したのは、平成8年4月の改正保険業法の施行からだ。1社専属制だった代理店は、複数社と契約できるようになり(乗合型)、よりバラエティーに富んだ商品を取り扱えるようになった。

 「わが社も平成7年の設立。平成11年に直営店をオープンして、この3月末で41都道府県に123店舗を展開できるようになった。取り扱い保険会社は生保24社、損保7社の31社で、7年連続増収中」。『保険クリニック』を展開するアイリックコーポレーション(東京都文京区、勝本竜二代表取締役)経営企画室、小田切正浩課長の鼻息は荒い。

 ただ、間違ってはいけないのが、小田切課長が説明するように、取り扱い保険会社の数と商品数が代理店によって違うこと。生命保険文化センター生活情報室、田熊博文主査も「生命保険協会に加盟している47社すべてから選べるのではなく、あくまでも代理店が契約している保険会社の中で選ぶので、その点をよく吟味して、自分に合った契約を」と話す。

 同センターでは生命保険に関する相談も受け付けている。電話は03・5220・8520。土、日、祝日を除く毎日午前9時半から午後4時まで。

 神林さんは言う。「スーパーで買い物をするときは、チラシなどで買いたい商品を見比べて出掛けるのに、保険ではそうしない。見直しを含め、ぜひ一度、利用されることをお勧めします」

 【主な乗合来店型保険代理店】『保険クリニック』=アイリックコーポレーション▽『ほけんの窓口』=ライフプラザホールディング▽『保険市場』=アドバンスクリエイト▽『保険見直し本舗』=ウェブクルー、などがある。各社特徴を生かした展開をし、アドバンスクリエイトはヘラクレスに、ウェブクルーはマザーズに上場している。

【関連記事】
「巨艦」かんぽ、生保第3分野参入へ 民間警戒 生存懸かる過当競争
保険会社も資本規制を強化へ 国際機関が13年までにルール策定
損保再編 3メガ体制で競争激化へ 
改正金融商品取引法が成立 金融危機の再発防止策
保険、証券の危機対応が課題 G20受け日本の金融規制強化

マンション室内で刺される?男性2人心肺停止、1人負傷 大阪(産経新聞)
千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)
咲洲トンネル 回数券を着服か 大阪市三セク、元所長を逮捕へ(産経新聞)
“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)
<連合京都>新人推薦せず 参院選京都(毎日新聞)
[PR]
by vgo1bz8uty | 2010-05-18 21:58
 茨城県利根町布川(ふかわ)で67年に大工の男性(当時62歳)が殺害された布川事件で、再審に臨む桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)の弁護団と検察側の協議が7日、東京都内であった。検察側は新たに、被害者の足首を縛っていたワイシャツとタオルのDNA鑑定を求める意向を表明した。

 再審公判に向けた証拠申し立ての期限を21日に控え、事前準備のため協議した。弁護側によると検察側はワイシャツを重視し「犯人がワイシャツを結んだ際に手あかや皮膚片が残っている可能性がある」と主張したという。

 検察側は遺留品のパンツ2枚のDNA鑑定を求めることを表明している。弁護側は「取り調べ過程で2人のDNAが付いた可能性がある」などとして、遺留品のDNA鑑定に反対している。【原田啓之】

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
足利事件:再審を決定 DNA再鑑定、無罪の証拠−−東京高裁(09年6月23日)
「時効」よ止まれ:「遺族には昨日のこと」 DNA鑑定進歩で制度に変化
忘れない:世田谷一家殺害 DNA鑑定、狭まる犯人像

2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
美容と健康に効く!“真っ黒メニュー”が登場(産経新聞)
四半世紀ぶり?快晴GW 東京地方(産経新聞)
防波堤に衣服、容疑の夫か 京都・伏見の母子殺害(産経新聞)
「憲法記念日」各地で集会 民間臨調「憲法審査会始動を」社民・福島氏「阻止する」(産経新聞)
[PR]
by vgo1bz8uty | 2010-05-11 15:01